バカラの条件を詳しく解説! バカラのルール

バカラだけでも50テーブル用意!

あなた好みのディーラーを選んで遊べる!

ライブバカラが熱いエンパイアカジノ

【バカラの条件】バカラのルール

バカラはディーラーと勝負するゲームではなく、カードをプレイヤーとバンカーという2組に分けて配り、
どちらのカードの一桁が9に近いかを予想するゲームです。

 

カードは2枚から3枚配られ、その合計数の下一桁の数字が9に近い方が勝ちです。

 

ここでいう「プレイヤー」とは、ゲームの参加者のことではないので注意を。

 

便宜上、カードの置かれるスペースに付けられている名称です。

 

 

◆ バカラの遊び方 ◆
バカラのゲームの流れをご紹介します。

 

バンカー」、「プレイヤー」のどちらかにチップを置く

まず、どこに賭ければいいかを覚えましょう。プレーヤーかバンカーに賭けるほか、ぞろ目(PAIR)、引き分け(TIE)に賭けることもできます。

 

プレイヤーに賭けて勝った場合の配当は倍額(1:1)ですが、バンカーに賭けて勝った場合の配当は
勝ち分から5%引かれた額となります。

 

ただ5%引かれても期待値では、バンカーに賭けたほうが有利です。

 

バンカー、プレイヤー両方に、カードが2枚ずつ、伏せたまま配布される

賭け終わるとディーラーがプレーヤー、バンカーの順に2枚ずつカードを配ります。

 

最も賭け金の高い人がカードをオープン

バカラにおいて、カードをめくる権利があるのは掛け金が一番多い人(オーナーシップ)というのが一般的。

 

同額の場合はディーラーが決めます。

 

カードの合計数によって、もう1枚配布される

バカラは基本、2枚のカードの合計数の一桁の数字で勝負しますが
条件が発生すると 3枚目のカードが追加されます。

 

 

◆ バカラのカードの数え方 ◆

 

●A〜9まで数字通りにカウントする。

 

●10〜Kまですべて0(ゼロ)とカウントする。

 

例えば

 

2枚のカードの点数が「5点以下」であれば、3枚目のカードが追加されます。

 

プレイヤーとバンカーが同じ得点の場合はタイ(引き分け)となり、それぞれにかけたチップは戻ってくるが
タイに賭けていた場合はかけたチップの8倍の配当がもらえます。

 

配当は、賭ける場所により変わり、プレイヤーで倍、バンカーで1.95倍。

 

ペアで勝利すると11倍の配当がもらえます。

 

また、お互い同じ数字の時は、引き分けとなります。

 

プレイヤーとバンカーの勝つ確率

 

数学的に説明するとプレイヤーが勝つ確率は44.62% バンカーは45.85% タイは9.53%なので
タイの倍率が高いからといってタイに賭けることは得策ではありません。

 

また、タイを除外して考えると、バンカーが勝つ確率は約50.615%となります。

 

どちらに賭けるか迷った時はバンカーに賭けるのがいいのではないかと思いますが
ギャンブルである以上は胴元であるハウスは場所代を徴収しなければ利益はでません。

 

そのため通常この場所代(ハウスエッジ)として、バンカーが勝った場合に5%のハウスコミッションを徴収しています。

 

またゲームの進行をスムーズにするために、このバンカー側のハウスコミッションを毎回徴収せずに
例外としてバンカーが6で買った場合のみ1.5倍の配当(50%)のコミッションをする
「ノーコミッション」という方法を取るカジノもあります。

 

なおバカラのルールはバカラの条件のとおり。

 

コレに従ってディーラーが自動的にカードを配っていくので
細かいルールを覚えなくてもゲームに参加することは可能です。

 

 


↑いますぐバカラを楽しむにはクリック